地域創生事業

地域創生事業

地方の抱える課題解決のために

地方の過疎化や地方経済の閉塞感は年々深刻になっています。地方には魅力がない、働くところがないということで若い人たちが東京や東京近郊に移住するのは必然なことでした。
しかし、昨今、東京で働く人たちも経済的・生活的価値観も多様化し、東京で働くだけがすべてではないということに気付き始めました。地方で創業する・起業するといった若者も増えてきているのも事実です。
私たちは地方こそ経済活性化の「種」があると考えています。地方では若者が少なくなり、事業の後継者も減り、泣く泣く家業の廃業しているという事実を若者たちの起業のきっかけとして結び付けられるのではないかと考えています。地方創生に取り組み地方に残された観光資源や、産業を見直し再生していくことが、私たちのミッションです。

RE-JAPANの取り組み

遊休施設や廃校の活用

近年、少子化による小中学校の統廃合、市町村合併などの影響により遊休施設や廃校が多く発生しております。しかしながら、廃校や遊休施設には地域に根付いたコミュニティや高度のインフラを残したまま活用されずに放置されているケースが多く見受けられます。

そこで私たちは、その施設の有効活用を創造し、その魅力を各方面に発信することにより、新たな需要や雇用を創出するプロジェクトを立ち上げています。
また、近年、地方への本社機能を移転させたいという企業や新興の起業家などと遊休施設や廃校を提供する各地方公共団体等との活用ニーズのマッチングを図り地域と事業者とのシナジーを見出す試みも進めています。

地域産業支援

後継者不足により途絶えてしまう産業が地方各地に存在します。RE-JAPANでは、そのような産業への資金援助や、後継者となる若者とのマッチング、海外からの研修生の受け入れ支援などの事業を行っています。

進行中のプロジェクト

  • リンゴ園再生プロジェクト

    地域創生

    リンゴ園再生プロジェクト

  • 廃校の有効活用プロジェクト

    地域創生

    廃校の有効活用プロジェクト

RE-JAPANの活動は、支援者の方々のご寄付や、
ボランティアにより成り立っております。
今後も活動を継続・拡大していけるよう、皆さまのお力をお貸しください。

ご支援のお願い