その他事業

復興支援活動

2014年11月に起きた、長野県北部地震を機に、被災地の白馬村の被災地支援・地方創生・空き家対策の活動を目的に特定非営利活動法人(NPO法人)RE-JAPANが立ち上げられました。
当NPOは、いまなお復興に手がつかない国内外の多くの被災地に対しても継続的な支援活動を行っています。
家屋解体の支援やコミュニティの保全・防災教育といった防災・減災に対しても積極的な活動を行っていきます。

復旧サポート活動

私たちは、長野県北部地震の支援活動においても、現実的に被災を受けながらも家屋が「半壊」か「全壊」かという判定の差異のよっては支援金を受けられない、あるいはそれらの認定を受けられず復旧にあたって支援が受けられないという現実を見てきました。
家屋の解体費用も捻出できないという方も多く、それらの支援のために解体する古材を販売することで解体費用をねん出するという資金調達の支援などを継続的に行っています。

防災(減災)教育活動

日本国内のみならず海外においても多くの悲劇をもたらす震災。
震災体験や教訓の発信や継承をしていくため、地域を中心に、、防災(減災)教育の重要性が再確認されてあります。
震災以外にも未来に起こり得る災害に向けて、「自らの命は自らで守る」、「災害や防災を学ぶ」、「災害前に少しでも被害を減らせるための備え」など、防災(減災)教育の促進するという取り組みを進めています。

進行中のプロジェクト

  • 関連記事はありません

RE-JAPANの活動は、支援者の方々のご寄付や、
ボランティアにより成り立っております。
今後も活動を継続・拡大していけるよう、皆さまのお力をお貸しください。

ご支援のお願い