空き家・古民家再生事業

空き家・古民家・遊休施設再生事業

空き家問題の今

近年、人口減少や高齢化の進展により、管理されていない空き家が増加しています。そのような放置された空き家に起因して、防災面(倒壊や火災)・景観上の支障・衛生上の問題・防犯上の問題が危惧されています。このような状況から、国会でも2014年11月に空き家対策特別措置法が成立しました。倒壊などの恐れがある空き家は速やかに除去することが望ましいですが、空き家の中にもまだまだ利用価値のあるものも多数あります。
また、空き家を活用してアトリエや一軒家レストラン、簡易宿泊施設・福祉サービス施設などコミュニティスペースとして利用したいという活用ニーズがあることも事実です。
私たちは、1軒1軒の空き家にもそれぞれの物語があり、その存在価値を最大限引き出すことによって地域の再生の一コマになるものと考えています。スクラップ&ビルド(壊しては作る)という考え方だけではなく、建物もリユース・リサイクルを考えることも大切だと思っています。

RE-JAPANの取り組み

空き家についての相談受付

放置されている空き家や管理者のいない空き家について、随時相談を受け付けています。
維持管理や修繕についてのご相談、活用ニーズのある自治体・企業へのマッチングから相続のご相談まで、幅広く対応しています。

再生プロジェクト

相談を受けてアドバイスやマッチングをおこなうだけではありません。重要性の高い文献についてはプロジェクトを立ち上げて、企画~再生後の活用プロデュースまで行います。

進行中のプロジェクト

  • 茅葺き古民家プロジェクト

    空き家・古民家再生

    茅葺き古民家プロジェクト

  • 戸隠プロジェクト

    空き家・古民家再生

    戸隠プロジェクト

RE-JAPANの活動は、支援者の方々のご寄付や、
ボランティアにより成り立っております。
今後も活動を継続・拡大していけるよう、皆さまのお力をお貸しください。

ご支援のお願い