古民家再生で災害復興支援、地方創生等に取り組む

RE-JAPANについて

RE-JAPANのミッション

わが国の少子高齢化がますます進捗していくことが予想される現在、特に地方やその中にあっても山間部等の過疎の地域にあっては、地域コミュニティの存続が危ぶまれ、家屋等も一家族や個人の単位で維持管理することが困難な状況となっております。
一方で、日本国内はもとより海外からも、日本の伝統的家屋の様式を備えた古民家に対する興味関心が高まり、古民家を探訪する旅行ツアーや宿泊サービス、また都市部においても古民家を移築し、飲食店やギャラリーとして活用するなど、新たな産業、観光のコンテンツとしての成長が期待されています。
古民家は、物理的な構造物としてその歴史的な成り立ちを帯びているのはもちろんですが、日本人の伝統や地域の文化を伝える貴重な存在であるといえます。一方、建築物を維持し利用していくためには、耐震性や耐火性など現在の基準に適合することや、修繕費用、租税の負担などについて、専門的な知識も不可欠となっております。
私たちはこのような現状を知り、この貴重な古民家の再生の活動を通じて、さらには地域コミュニティの保全、海外への日本文化の発信、空き家問題の解決、災害復興支援、地方創生の活動などを実現したいと考えております。

活動内容一覧へ

沿革

平成23年

任意団体として古民家再生・利用促進活動を開始。

平成26年

長野県北部地震により利用予定の古民家が倒壊。
活動の重要性を再確認しNPO法人の設立を決意。

平成27年

NPO法人設立。古民家再生事業のみに留まらず、
地域創生・復興支援等にも活動の幅を拡げる。

代表あいさつ

わが国の少子高齢化がますます進捗していくことが予想される現在、特に地方やその中にあっても山間部等の過疎の地域にあっては、地域コミュニティの存続が危ぶまれ、家屋等も一家族や個人の単位で維持管理することが困難な状況となっております。
一方で、日本国内はもとより海外からも、日本の伝統的家屋の様式を備えた古民家に対する興味関心が高まり、古民家を探訪する旅行ツアーや宿泊サービス、また都市部においても古民家を移築し、飲食店やギャラリーとして活用するなど、新たな産業、観光のコンテンツとしての成長が期待されています。
古民家は、物理的な構造物としてその歴史的な成り立ちを帯びているのはもちろんですが、日本人の伝統や地域の文化を伝える貴重な存在であるといえます。一方、建築物を維持し利用していくためには、耐震性や耐火性など現在の基準に適合することや、修繕費用、租税の負担などについて、専門的な知識も不可欠となっております。
私たちはこのような現状を知り、この貴重な古民家の再生の活動を通じて、さらには地域コミュニティの保全、海外への日本文化の発信、空き家問題の解決、災害復興支援、地方創生の活動などを実現したいと考えております。

代表理事 澁谷 勝淑

団体概要

法人名 特定非営利活動法人RE-JAPAN
設立年月 平成27年4月13日
定款 定款(PDF)
所在地 【法人本部】
栃木県那須烏山市下境1065-2
【東京事務局】
東京都渋谷区道玄坂1丁目15番3号プリメーラ道玄坂6F
役員 【代表理事】澁谷 勝淑
【理事】  森谷 真依
【理事】  福良 浩幸
【監事】  平林 順