空き家・古民家・廃校の再生・存続を模索し、その文化的・歴史的価値を国内外に発信するNPO RE-JAPAN

寄付する人材ボランティア募集お問い合わせ

活動内容

空き家問題と対策

近年、人口減少や高齢化の進展により、管理されていない空き家が増加しています。
そのような放置された空き家に起因して、防災面(倒壊や火災)・景観上の支障・衛生上の問題・防犯上の問題が危惧されています。このような状況から、国会でも2014年11月に空き家対策特別措置法が成立しました。倒壊などの恐れがある空き家は速やかに除去することが望ましいですが、空き家の中にもまだまだ利用価値のあるものも多数あります。また、空き家を活用してアトリエや一軒家レストラン、簡易宿泊施設・福祉サービス施設などコミュニティスペースとして利用したいという活用ニーズがあることも事実です。私たちは1軒1軒の空き家にもそれぞれの物語がありその存在価値を最大限引き出すことによって地域の再生の一コマになるものと考えています。スクラップ&ビルド(壊しては作る)という考え方だけではなく、建物もリユース・リサイクルを考えることも大切だと思っています。

伝統技能・文化の継承とPR

日本の山村・里山には地域の歴史や伝統、文化を今に伝える古民家が数多く残されています。
うねった丸太梁や大黒柱には、現代では入手が困難となった貴重な重厚な大黒柱や木材がふんだんに使われ、その木組みからは建立当時の高い技術を伺い知ることが出来ます。地域の気候や風土にあわせた数々の工夫、贅を凝らした格子や欄間。工期の短縮とコストダウンばかりが望まれる昨今、充分な時間と吟味された材料と匠の知恵を使って建てられた古民家には、独特の魅力があります。
これら貴重な財産である古民家の伝統的建築技能、またその文化を守り、後世に伝えることは、現代に生きる私達の使命だと考えています。

復旧・復興支援

震災や災害が起きたときの積極的な支援はもとより、震災・災害後の継続的な支援が大切です。先の長野県北部地震では近隣の住民たちが下敷きになった家屋の中から被災者を助け出すことなどにより1人の犠牲者も出さなかったことは「白馬の奇跡」として記憶に新しい。被災された方々の物質的・心身的支援と併せて、先々の防災・減災を見据えた日ごろからの防災教育・防災対策を広く認識してもらうための活動を進めていきます。

古民家再生

日本の伝統的古民家は、物理的な構造物としてその歴史的な成り立ちを帯びているのはもちろんですが、日本人の伝統や地域の文化を伝える貴重な存在であるといえます。この貴重な古民家の再生の活動を通じて、さらには地域コミュニティとの交流、国内外への日本文化の発信をしたいと考えています。

遊休施設・廃校等の活用

近年、少子化による児童生徒数の減少による小中学校の統廃合、市町村合併などの影響により遊休施設や廃校が多く発生しております。しかしながら、廃校や遊休施設には地域に根付いたコミュニティや高度のインフラを残したまま活用されずに放置されているケースが多く見受けられます。
そこで、私たちは、~RE-JAPAN~「地方創生・地域活性化の取り組み」として、その施設の有効活用を創造し、地域の魅力を見直し各方面に発信することにより新たな需要や雇用を創出するプロジェクトを立ち上げています。また、近年、地方への本社機能を移転させたいという企業や新興の起業家などと遊休施設や廃校を提供する各地方公共団体等との活用ニーズのマッチングを図り地域と事業者とのシナジーを見出す試みも進めています。

計画中のプロジェクト

[古民家再生部門]

(1)戸隠プロジェクト(進行中)
所在地:長野県長野市戸隠栃原
「ゲストハウス」計画~リノベーション再生
宿泊を通した体験により、文化としての古民家への理解を深め、保存・活用活動の促進を目指す。

図1

図2

図3

(2)岐阜恵那プロジェクト

所在地:岐阜県恵那市
「古民家カフェ」計画~リノベーション再生
カフェおよびコミュニティスペースとして、地域文化への理解を深め、コミュニティ保存・国際交流活動の促進を目指す。

ENA2

[空家・廃止施設等有効活用部門]

(1) 旧M中学校跡有効活用プロジェクト(協議中)

所在地:K県M市
『地域活性化多目的複合施設』計画~地方創生・地域の活性化の為、雇用創出・定住化の促進を目指す

図5



Facebook

Twitter

BLOG (古き佳き日本の記憶・・・)

RSS Feed Widget